任意売却するデメリット

Pocket

住宅ローンの返済が困難になって、家を売却して返済にあてることになった時にとる方法が、任意売却です。
一般に、住宅ローンの支払いが終わっていない状態では、不動産にはまだ抵当権がついていますので、
そのまま売却しても買い手はつきません。

しかし、競売になってしまったら、不動産が通常よりもかなり安く売り叩かれてしまうので、債権者にとっても好ましくない結果になります。
そのため、債権者の同意のもとで、特別に抵当権を外して、不動産を売却するのが任意売却です。

任意売却は、競売と比べて、市場価格に近い値段で売れること、
近所に知られずに売却できるので精神的な負担がかからないこと、
売却後も引越し費用などの資金が残せる場合があることなど、メリットが大きいと言われています。

しかし、デメリットもあります。

任意売却のデメリットの1つは、手続きが複雑で、交渉などに手間がかかることです。
これは、経験豊富で信頼できる専門業者に依頼することである程度は軽減できます。また、債権者や保証人の同意がなければ任意売却はできないということです。
債権者や保証人にとっても任意売却はメリットの大きい制度なのでほとんどの場合同意は得られますが、稀に同意が得られない場合もあります。

そして、買い手が見つからない場合、価格の折り合いがつかない場合、業者の不手際で時間切れになってしまう場合など、100%成功するとは限りません。

以上のようなデメリットもありますが、一般的には競売と比べるとメリットのほうがはるかに大きいケースがほとんどです。住宅ローンの支払いで困ったら、早めに専門業者などに相談することが大切です。